日本には存在しないカジノについて

カジノ業界は、今や、数十億ドル規模の一大産業です。ラスベガスやマカオでは、数多くのカジノが世界中から客を集めています。客の多くは観光だけではなく、ギャンブルにも積極的です。しかし大半のギャンブラーが気づいていないのが、「カジノハウス(=運営者)が必ず勝つ」という点です。

そして今、いかにして日本に国内初となるカジノが上陸するのかが注目を集めています。ここ3年間で、世界中の多くのギャンブラーを歓喜させるような進展がありました。日本にもカジノが初進出するのではないか?ひょっとしたら東京に建設されるのではないか?という声までありました。

不思議な法律

日本政府は、ギャンブルに関して独特のアプローチをとっています。国内でのギャンブルは法律で禁止されていますが、しかし実際には、日本では何種類かのギャンブルが行われているのです。その一例がパチンコ店です。

ではパチンコはカジノと何が違うのでしょうか?パチンコ店では、賞品として、直接お金を受け取ることはできません。その代わりに特殊景品もらい、それをパチンコ店と提携しているお店に売ることになります。

つまり、パチンコ店は法の穴をついて運営しており、年代を超えて非常に人気のある娯楽となっています。パチンコは、ゲームセンターのゲームを想起させますが、年配の方でもハマることはよくあります。

カジノの日本上陸

3年前、日本でもカジノ法案が承認されました。当時の「ギャンブル反対」というスタンスから考えれば、これは大きなニュースでした。この衝撃的なニュース受けて、投資家たちは数ヶ月後に備えることにしましたが、残念ながら事態は暗転。現在、海外の投資家たちは撤退し、日本へのカジノ進出は未だに実現していません。

では、何がいけなかったのでしょうか?この撤退の原因は、ずばり課税です。そう日本政府は、カジノで得た賞金に課税することにしたのです。また、国内居住者がひと月にカジノで遊べる回数も制限することにしたのです。こうした厳しい規定により、海外のカジノ事業者は、日本市場へ参入しても目標投資利益率を達成することが難しくなりました。また日本の税法上の問題から、日本でギャンブルをすることを躊躇するプレイヤーもいることでしょう。

昨今、オンラインカジノが若い世代を中心に人気を集めています。この人気の理由は、どこでもプレイできるという手軽さです。また、ずっと同じ場所にいる必要もありません。海外のオンラインカジノを利用することもできますし、海外のプレイヤーと一緒にプレイすることもできます。

カジノの日本進出の可能性は?

ではこの先、日本にカジノが進出する可能性はあるのでしょうか?国内での反対派の動きを見れば、すぐには実現しないかもしれません。しかし、オンラインカジノが今後数年のうちに大きくなる可能性はあります。インターネットが高速になり、モバイル機器が利用できるようになれば、オンラインカジノで遊ぶプレイヤーはさらに増加するでしょう。